大和インターンシップ

2009年インターンシップにご参加の皆様

去年の夏、レノボでは学生さんたちにインターンシップに来ていただき、一緒に仕事をしました。今年も多くの学生さんたちとコラボレーションしていきたいと思っています。

サマー・インターンシップ2009

2009年インターンシップに参加した学生さんから、とても丁寧で多くのコメントをいただきました。長くなりますがご紹介します。

Q1. レノボでのインターンシップはどうやって知りましたか?

  • 大学の掲示板の、インターンシップ紹介で知りました。
  • 就活サイトで見つけました。個人的に技術系のインターンに参加してみたく、レノボの就業体験型インターンシップのテーマが面白そうだったので応募しました。
  • サークルOBでレノボジャパンの社員の方に勧めてもらいました。

Q2. インターンシップに来る前のレノボのイメージはどうでしたか?

  • 世界第4位のシェアをもつ外資系PCカンパニーということで、グローバルなイメージがありました。
  • 数々の業界賞を受賞しているThinkPadを作っている会社、というイメージでした。ThinkPad自体が物凄く真面目で(良い意味で)頑固なイメージだったので、社内も堅い雰囲気なのだろうと考えていました。

Q3. インターンシップに来てレノボのイメージは変わりましたか?

  • 今まではThinkPadを通してでしかイメージがなかったのですが、就業体験型インターンシップを通し開発の現場を目で見た中で、製品の信頼性というものを常に求める姿勢が一番印象的でした。
  • 明るい、パワフルな会社だと思うようになりました。
  • はい。思っていたよりもずっと、個人あたりの責任ややりがいの大きな会社だと思いました。
  • 以前から知っている会社だったので、大きくは変わりませんでした。ただ、思っていたよりも海外の方が多く勤められていると感じました。
  • 雰囲気の良さと、実力主義なイメージに
  • かなり変わりました。以前は頑固なイメージだったのですが、若手社員の意見が通るという話(オープンコミュニケーション)や社員の働き方の自由度が高い(フレックスタイム制度や裁量労働制導入)と聞き、柔軟な職場であるというイメージに変わりました。

Q4 インターンシップではどんなことを担当していますか?

  • 機構設計部門の担当です。日本で世界向けに開発しているThinkPadの機構について幅広く勉強しました。
  • SW製品保証部門でThinkPadのテストツール開発することをやらせて戴いております。
  • 機構設計を担当しています。
  • インターンシップでTVT(ThinkVantage Technology)部門に所属、ThinkVantageプレゼンテーション・ディレクターの改善案を提案するというプログラムを担当しました。
  • 機構設計の部署で実験のお手伝いをしています。
  • 機構設計
  • ThinkPad用のデバッグツールの開発を行なっています。二人のインターン生で協力して開発をしており、私は主にソフトウェアの開発を担当しています。
  • PCのデバックツールを製作しています。

Q5. インターンシップで楽しかったことなどがあったら聞かせてください。

  • 機構が好きで機構設計部門を選んだので、ThinkPadの分解は非常に楽しく興味深いものでした。また評価を行う試験装置の見学も様々な状況を想定した装置があり、面白かったです。
  • •最新版のノートブックを触れることが、大変楽しかったです。
  • ノートPCの分解や組み立ての機会が多く、数種類の機種を触らせていただけました。
  • インターンシップの毎日は予想より150%以上楽しく送ってきました。今回のインターンシップで、TVT部門に所属しているのは私一人しかいませんでした。そのおかげで、多くの社員とコミュニケーションするチャンスも増え、今まで20人以上の社員と会話したことあり、顔と名前も覚えています。すべてのことが楽しいですが、強いて言えば、たくさんの方とコミュニケーションすることができ、みんなの意見を聞こえることは最も楽しかったところであると思います。
  • 2日目に出社したときに、玄関のカードリーダにカードを通すときにどきどきしました。
  • 様々な研究に携われたこと+飲み会
  • 機構設計チームの方に、ThinkPadの信頼性テストの様子を見せていただけたことです。厳しいテストだと噂には聞いていましたが、あそこまで拷問なテストだとは予想だにしませんでした。
  • 初対面の方々と共に製作できたことです。あと、ロジックアナライザを使えたことです。

Q6. レノボのオフィス環境はどうですか?

  • 個人のパーティションは広く、皆さん楽しそうに仕事していてとても雰囲気が良いです。
  • フレキシブルな仕事しやすいところと感じます。
  • ブースで区切られているオフィスを見たのは初めてですが、周りの方々ととても話しやすそうだと感じました。
  • 自分はTVTの皆さんと同じように、個人用のデスクがありました。専念することもでき、隣の方とコミュニケーションすることもでき、快適であり、働きやすい環境だと思います。
  • とても設備が充実した働きやすい環境で、社員の方々の雰囲気が非常に良い
  • 個人のスペースがしっかり与えられていて、好印象でした。プライバシーを守りつつコミュニケーションが行いやすい環境なのだと思います。
  • 非常に明るくてここで働きたくなるような場所です。

Q7. インターンの世話役はどんな人ですか?

  • お仕事で忙しい方です。よく中国語や英語で電話会議をされていました。
  • 大変親切でちゃんと私のことを考えてくださって、頼りになる上司だと思います。休憩時間も一緒に食事させていただいたり、仕事以外のこともいろいろ教えてくださったりするので、面白くて居心地も良い方だと思います。
  • 担当のお仕事が忙しいようであまりたくさんはお話できませんでしたが、面倒見がよいやさしい方だと感じました。
  • ご自分ではそうでもないと仰っていますが、相当優秀で目標にしたい方です。
  • とても明るくフレンドリーな方
  • とても気さくな方たちで、話しやすかったです。仕事とオフの切り替えがとても上手く、見習いたいと強く感じました。
  • バイタリティの高そうな方です。色々ためになる話をしてくれました。

Q8. レノボの中で驚いたことはありますか?

  • 皆さんThinkPadを担いで仕事していることです。廊下、カフェ、トイレなどどこでも持って歩いていました。
  • 電話会議の多さ(主に米国・中国との)、多い時ほぼ一日中ずっと英語・中国語・日本語で電話会議している方もいらっしゃった。
  • セキュリティがとても厳しいことです。開発分野だけあって、社外秘の情報もとても多いようです。
  • 驚いたことがたくさんあり、むしろ毎日驚いているものです。自分のマシン(X301 with 128G SSDに驚かない方がむしろ少ないと思いますが)、仕事環境、レノボのこと、ThinkPadのこと、実験室の見学、社員さんとの会話、技術者の考え… 自分に対して毎日フレッシュであると思います。
  • 社内で突然ストレッチ(?)の講師の方が現れて、社員の皆さんが自分のデスクで伸びをし始めることがありました。定期的に運動をするためとはいえ、あれには驚きました。

Q9. 将来の仕事を探すうえで、インターンシップは役にたちましたか?

  • 実際に設計をされている機構設計の方々を見て、やはり自分も設計に携わった仕事をしたいと思いました。
  • 就業体験型インターンシップの経験を通じて、仕事に対しての認識は参加する前より深くなりました。
  • 開発業務の大変さを知ることができたことは、特に今後の参考になると思いました。
  • 就業体験型インターン#12471;ップにより得られた経験が将来の就職活動やキャリア形成にかなり役に立つと思います。業界に対する理解、仕事に対する理解、自分がどんな仕事にマッチするか、個人管理のやり方、将来のキャリアプランなどのことがわかりました。その経験がないと、就職の第一歩が踏み出しにくいと思います。
  • 企業の雰囲気を直に感じることができ、とても役に立った。
  • 非常に役に立ったと思います。実際の現場の開発を間近に感じることができ、自分が目指す方向が分かった気がします。
  • 役に立ったと思います。R&Dの職に就きたいという指針ができました。

M A Mueedさん:東京大学 工学部 電子情報系B

中田 宗文さん:電気通信大学大学院 電気通信学研究科 電子工学専攻

肥後 明豪さん:明治大学 理工学部 電気電子生命学科

湯 逸純さん:早稲田大学大学院 情報システム研究科 情報生産システム工学専攻

徐 遠さん:慶応義塾大学 理工学部 情報工学科

大室 健さん:慶応義塾大学大学院 理学研究科 総合デザイン工学専攻

佐藤 智哉さん:明治大学 理工学部 機械工学科

井上 紗希さん:上智大学 理工学部 機会工学科

逢坂 有さん:上智大学 理工学部 機械工学科